忍者ブログ

オランダをもっと見たかった気持ちもあるけど

先日EURO2008のオランダVSロシアの試合を見ました。予選でオランダは圧倒的な強さを見せていて、また個々のタレント力もロシアに比べて歴然で「オランダ楽勝」のムードが漂っていました。僕もオランダのゴールラッシュを期待しながら試合開始を待っていました。

しかし、いざ試合が始まると全くといっていいほどオランダが機能しません。それにひきかえロシアは抜群の組織力で試合を圧倒し、延長戦にはなったものの3対1でロシアが勝利しました。ヒディング監督の適格な采配が光った試合でした。アルシャービンという天才プレーヤーがロシアにいましたが、彼をのびのびと活かした采配が全て。

個々の才能がいくらあってもそれを活かす組織がないと全く機能しない、またタレント力で劣っても盤石な組織、適格なマネージメントがあればとんでもない力を発揮するんだなという「組織論」そのままな感じの試合でした。非常に感銘を受けました。