忍者ブログ

そんな言葉あったよねー的な

「Web2.0」ビジネスって結局、ぜんぜん儲からないの?
Web2.0サービスが広まったにもかかわらず、「Web2.0ビジネス」はごく一部を除いて儲かっていないらしい。多くのユーザーを集めながら収益化できないワケとは?


「WEB2.0サービスを持ちたくて作ったサービス」
「結果的にWEB2.0にカテゴライズされたサービス」

前者は最初からビジネスモデルなんてなかったので今になって「儲からない」って言ってるケースが多そう。
後者は最初からビジネスモデルがあったか、もしくはビジネスなんて意識してないので今も特に問題ない。

とかなんとか。