忍者ブログ

僕が29歳だった時の話

今朝Sdの記事にこんなのがありました。

【投資家・起業家対談】20代投資家と起業家の挑戦「30歳になる前にいかないとダメ」ーーインキュベイト和田氏×ビヨンド一谷氏

20代のうちにチャレンジしたり、勝負したり、ある程度の成果を出さないとダメといった感じの記事。やはり30歳というのは一つの区切りであり、「30歳だし、しっかりしないと」と思うものです。チャレンジ自体は何歳になってもすべきだし、個人的にはもっと「大人」の起業が増えても面白いなぁって思ってます。いくつになってもチャレンジするのは良いですよね。別に起業しなくてもいいけど、何らかのチャレンジはしていきたいなぁ。なのでちょうど昨日たまたま目にしたスクーの企業理念『世の中から「卒業」をなくす』ってのは良いなぁって強く思ったわけです。

とはいえ、20代のうちに大きなチャレンジをするってのは良い事だし、30歳というのを一つの区切りとして、それまでいろいろ頑張ってみるのは良い。思い返せば、ウチの会社もみんなが29歳の年に大きな変化をしました。忍者システムズからサムライファクトリーになったのが29歳の時。これまで何となくやってきたけど、「ちゃんと会社として運営して、大きくしていこう」とみんなで決断したわけです。

個人的にはもう一つ、結婚をしたのが29歳の時。それまで特に結婚願望も無かったし、考えた事もなかったんだけど、今の奥さんと付き合った一週間後には指輪を買って、付き合ってから45日後には入籍した。なにか無意識の中で変革の時期だったのかもしれない。運命的なものもあるのかもな。

入籍したのが2005年9月11日。今日で丸8年が経ちました。未だにウチの親と奥さんの親は顔を合わせたことがないので、そろそろ「両家顔合わせ」をした方がいいかな、なんて思ったり。でも奥さんは「別にいいんじゃない」って言うから・・・w