忍者ブログ

体育会系だなぁ

日本電産・永守社長の発言が密かに話題になっているようですね。

「休みたいならやめればいい」急成長の日本電産社長
「休みたいならやめればいい」――。日本電産の永守重信社長は23日、記者会見で「社員全員が休日返上で働く企業だから成長できるし給料も上がる。たっぷり休んで、結果的に会社が傾いて人員整理するのでは意味がない」と持論を展開。10年間で売上高が6倍超という成長の原動力が社員の「ハードワーク」にあることを強調した。


今の時代にそぐわないと一部では批判もあったりする会社(社長)ですが、業績を凄い勢いで伸ばし続ける手腕はやはり凄いと認めるべきだと思います。上記のような発言をしていますが、基本的に人は切らない事で有名なので社長と社員との間にある種の信頼関係ががっちりと築かれているんでしょうね。これだけの大きな組織を先頭に立って突っ走っていくバイタリティは恐ろしいです。世代交代とか頭に無いんだろうな。この会社のカギは世代交代だと思うわけで、やはりその辺も会社側は感じているようで、2007年3月期の有価証券報告書には、下記のような記述がありました。
【事業等のリスク】
当社社長である永守重信(氏)への依存
当社グループの継続的な成功は主に当社グループの創始者であり、現在の社長であり、CEOでもある永守重信氏の能力と手腕にかなり依存しております。永守氏は積極的に当社グループの経営に携わり、特に企業買収活動を始めとして、戦略的意思決定に関与しております。永守氏への依存を減らすためデザインされた経営構造の確立過程で、永守氏の突然の離脱があった場合、当社グループの事業運営、財務状況、そして経営成績に大きく悪影響を及ぼす可能性があります。

(´Д`)