忍者ブログ

GMO、NIKKO子会社化とQネットの残り香

GMO、ネット広告のNIKKOを子会社化--1億2000万円で66.7%の株式を保有へ
 GMOインターネットは5月19日、ネット広告代理店のNIKKOを連結子会社化すると発表した。同社の第三者割当増資を引き受けるとともに、GMOインターネット代表取締役会長兼社長の熊谷正寿氏が保有する株式も全株買いとる。

元々GMO熊谷代表が4割、NIKKO加藤会長が6割という比率だったらしいのですが、これでGMOの子会社になるんですね。ネット広告事業の強化という位置づけでしょうか。でもNIKKOって前期は赤字だったんですね。これからGMOがどう立て直すのか興味深く且つ生ぬるく見ていきたいと思います。

加藤NIKKO会長は元々ダイヤルキューネットワーク(Qネット)のメンバーで、GMOはQネット人脈で固められた会社なので、また一人昔の仲間が加わったという趣ですね。GMOの元QネットメンバーはGMO西山取締役、GMOメディア森社長、まぐクリック高橋社長なんかがそうで、重要ポストを担ってるわけで、遡ればインターキュー時代の玉置真理副社長(その後ザッパラス創業、杉山現社長もQネットメンバー)もそう。Qネットの中心人物の真田哲弥さんはKLab、佐藤修さんはグッドウィルを創業したりとQネットのメンバーってもの凄いですね。