忍者ブログ

便利な世の中

新入社員のボーンがとあるサービスの試作品を作って社内に公開したんです。ナカDも企画段階で協力したみたい。なかなか面白くて社内でも好評でした。こういう勢いは大事だなと。


=======================

ところで、そのサービスの自己紹介欄にいつものように「サムライファクトリーの植物の世話係です」と書こうと思ったんですが、よく考えると最近は植物の世話なんてしていないのです。

かつて(池袋前半まで)は週末に夫婦で会社にやってきて、本格的に植え替えをしたりしたものです。でも会社が組織化していく中で「セキュリティ的に会社関係者でない妻が会社にきて作業するのはどうなんだろう・・・。」なんて考えて、徐々に植物の世話から遠ざかっていきました。僕一人でできる細かい世話はしてたけど。

大きな観葉植物は業者のレンタルだし、そのほかの植物は管理部の人たちが水をあげたりしてくれている。僕は何もしていないのです。アウトソーシングは便利だけどやれるとこは自分でやりたい気もする。練馬の時はトイレ掃除もしてたけど、新しく入ってきた人に「役員はそういうことしてはダメです」と注意された。「そういうものです」と言われた。ちなみにshino氏は加湿器の水交換担当だった気がする。

まとめますと、やれることはやっていこうかと。あと、一般的なルールは尊重するけど、ウチらしいルールを構築していきたい。そう思う今日このごろです。


・・・いや、ポジティブですよ。念のため。