忍者ブログ

円高、電球、LED




先日@yanmageさんのツイートを見て、かつて書いたエントリーを思い出した。円高の影響で輸出メインだった実家の家業が傾いたというエントリー。確かにその側面はかなりあると思うのですが、実際は他にもいろいろ問題はあったんだろうなと思うのです。

当時欧米に製品を輸出してたわけで、円高の影響直撃だったのは間違いない。でも、製品のニーズというのは無くならないわけで、必要ならば高くても買わないといけない。でも日本からのその製品の輸出は減った。おそらく価格が合わなくなったんだと。日本でその製品の製造が衰退した中、生産は韓国に移っていった。「質は多少落ちるけど、価格が全然安いから」という取引業者の声も子供だった僕の耳にも入ってきた。おそらく今は韓国でも作ってないだろうな。価格が合わなくなってるんじゃないかなぁ。

・円高に耐えうる生産拠点作り
・圧倒的な品質と技術
・欧米以外のマーケット進出

それを矢継ぎ早に実行できたら良かったんだろうけど、まぁ、難しい部分もあるなぁと。

ウチでは電球を作ってたんだけど、昨今のLED時代到来で本格的に電球生産産業は幕を閉じるんだろうなぁと思うと、一抹の寂しさを感じる今日この頃。