忍者ブログ

某氏とAoMの思い出

六本木から渋谷へのバス移動中、ふと「某氏、AoM強かったなぁ」と思い出した。なぜ六本木通りを走行中にAoMのことを思い出したかは省略します。

AoM(エイジ オブ ミソロジー)と呼ばれるゲームが2004年の某忍者に参画した頃に社内で流行っていました。毎晩23時くらいになると僕以外のメンバー(3人)がいそいそとゲームを起動し始める。当時僕は自宅通いだったため、ゲームに参加したくても電車の都合で帰らざるをえなかった。が、どうしても参加したかったので、3ヶ月後に会社近くに引越した。

話がそれましたが、そのAoM。リアルタイムストラテジーなわけで、4人それぞれが敵になり、戦うというゲーム。チーム戦もできるが、4人で一斉に戦うのが盛り上がる。「勝利」をするための条件は2つ。自分以外を全て滅ぼす。もしくは「民族の象徴」と呼ばれる建造物を建て、それを一定時間内守りきる。この2つが「勝利」の条件。

戦い方には結構性格が出て、好戦的な人はすぐに攻めてくる。某氏がまさにそれで、こちらの防御態勢が整ってないうちにすぐに攻めてくる。とにかくやっかいなプレイヤーなのだ。

僕は「民族の象徴」で逃げ切るのを得意パターンとしていた。「民族の象徴」は建て始めると相手にもわかる。なのですぐに攻めてきて、それを壊そうとする。なので、あらかじめ建設予定地の周りに何重もの壁を建設し、壁と壁の間にはおびただしい兵士や迎撃施設を準備した。でも勝率はあまり高くなく、20%くらいだっただろうか。

まぁとにかく某氏は強い。なぜ強いかというと、研究のために会社を休んだりする。圧倒的に研究して、実戦にのぞむ。国力も増大させ、軍事力も素早く成長させ、どんどん攻めこむ。まさに経営者的。一方僕は「戦闘力」が足りないのだ。


まぁそんなわけでバスに乗りながらこんなことをぼんやり思い出していたわけです。たまたま。そしてさっきネットをぼんやり見てたら、某氏に関連する記事があったのであらためてブログに記した次第でございます。おやすみなさい。