忍者ブログ

オトナに必要な棚上げ力

棚上げ力

自分の事を棚に上げて何かを指摘するという能力が低いということを自覚している。時には自分の事を棚に上げて言わなければならない時がある。しかしどうにもそれが苦手なのです。「時には」と書いたが、ビジネスにおいては結構棚上げの機会があったりする。棚上げて指摘しないと進まないケースはよくあるのです。

棚上げが得意な人は「言うけど、お前もできてないじゃん」という反応に対して何も思わない。そんなことよりも目の前で起きた事象を指摘しなければいけないと感じたら、自分の事などは棚に上げて言わなければいけない。自分ができてるできてないはどうでもいい話なのだ。

まぁとは言え、棚上げの得意な人が、全てそういうわけではなく、は自分ができてない事を完全に忘れた状態で棚に上げている人も少なくないんだけど笑。

棚上げが苦手な人はなぜ苦手なのか。それは棚に上げて指摘する事が苦手なのではなく、「言うけど、お前もできてないじゃん」という反応が嫌なのではないかと思うのです。

強いオトナはそういう反応を真正面から受け流し、「それはそれ」と棚に上げて、言うべき指摘をする。そういう身のこなしがオトナには必要なのかもなぁと思いました。おわり。



photo credit: Wanted via photopin (license)