忍者ブログ

寿司屋の息子の話

初めて会ったのは池袋の「世界の山ちゃん」だった。よくわけもわからず連れて行かれて紹介された。ちなみに僕は手羽先は苦手です。


2008年2月。その人は財経総務部部長としてウチにやってきた。同時に僕も財経総務部に異動した。その人は僕を「管理系の人」と思ってたらしく、それで異動したってのもあるみたい。それまでの1年間、個人的に不遇をかこっていた時で、この異動を機になんとなく本線に戻っていった気もする。

2008年の総会で僕は久しぶりに取締役に復帰し、その人も取締役になった。所謂CFO的な役割。当時IPO云々の話もあり、最後のピースとして招聘したわけだが、当時はそもそも「規則」や「規定」などのもろもろが全く整っていなかったので、そのあたりのことを地道に整えていってくれた。本職の財務的な事以外の業務ばかりだったんじゃないかなぁ。でも黙々と仕事をこなしていた。

その人は監査法人にいたが、事業側としてIPOを実現したいという夢を持っていた。


紆余曲折を経て、IPOの話も無くなっていった。その人は本来のミッションとは異なる役割である「管理担当取締役」の業務をこなしていた。どうでもいい苦労を強いたこともあった。

2010年夏。新体制となり、現社長、僕、そしてその人の3人体制となった。経営会議などで社長と声を荒らげて議論してたりもしてた。そういう時はだいたい僕が「まぁまぁ」と話を進めるのだけど、とにかく新しい体制として新たな気持ちで頑張った。

2011年3月。僕が勝手を言って取締役を辞任した。それでも着実に新体制は形になっていった。

去年始め、その人が辞めると言い出した。これまで苦楽をともにし、数々の思い出も作った。さみしい気もしたけど、その人の夢も知っていた。正直止められなかった。3月末の総会を持ってその人は任期満了で退任。役員陣は現在の体制となった。現在の体制は比較的上手くいっていると思う。しかし、その礎を築いた立役者の一人はその人であることを忘れてはいけない。

「辞めたらとあるSAPに行く」と聞いて「どいつもこいつもソシャゲだなぁ」と正直思った。しかし、その人の夢をかなえるには良いフィールドかもしれないなぁと思った。昨年久しぶりに会いに行って近況を聞いて、その猛烈な働きぶりに驚いた。もう若くないのだから大丈夫かね?と。まぁでも夢の実現に向かって着実に近づいている感はした。


そして今日、その人は夢を叶えた。
正式に言うとホワイトデーに夢は叶う。でもここまでくれば大丈夫なはず。ホワイトデーなんてバレンタインのおまけみたいなものだ。


大きな決断をして夢を叶えるためにウチにやってきて、その夢を僕は叶えてあげられなかった。しょうがないことではあるが、申し訳ない気持ちが大きかった。しかし、今日その気持ちは少し晴れた気がする。良かった。本当に良かった。



1の部の役員経歴にウチの名前を見た時はちょっと感動しました。きっとその人にとってウチでの4年間は無駄ではなかったのかなって思った。

本当におめでとうございます。