忍者ブログ

アンリさんの「創業期のオフィスの確認ポイント」を自分に当てはめてチェックしてみた

アンリさんが創業時のオフィス選びについての記事を書かれていました。

起業家が初期オフィスを探すとき、確認しておきたいいくつかのポイント-The First Penguin

僕もこれまで自分達のオフィス移転やEV転職後は多くのスタートアップの移転に立ち会ってきたので、それなりに経験あるのですが、アンリさんの仰ってることは概ね真理であり、とても参考になると思います。

そこでアンリさんのポイントを古巣のケースでチェックしてみた。古巣は練馬の古びた3階建てのビルからスタートしました。オーナーには失礼ではあるが、見た通りぼろいビルです。

八千代ビル

練馬駅と桜台駅の間くらいにあり、千川通り沿いに建つ一階の自動車工場の持ちビル。2階は不動産屋さん、3階が僕達。2部屋を借りており、一つを執務スペース、もう一つをサーバールーム兼会議スペースとして使っていました。小さめな机を壁に向かって4つ置くといっぱいくらいの広さ。「1:坪単価1万程度」は勿論クリア。目の前が千川通りでその向こうが西武池袋線の線路でわりと開けてたので日当りはそこそこ確保できてたので「2:日当たりがいいところ」もクリア。

トイレは部屋の外の階段踊り場部分にあったので音などは気にならなかったのですが、その次に移転したオフィス(最初のオフィスの数軒隣り)は男女兼用で且つフロア内にあったので女子からは不評でした。僕は「大」の時などは練馬駅の西友のトイレか、自転車で数分の自宅に戻って用をたしていました・・・。トイレ問題は男性は軽視しがちなので注意。「3:男女トイレ別(女性がいる場合は必須)」は大事。

4、5の敷金と退去通知は忘れてしまったけど、ビルがビルだったので柔軟で安い設定だったと思います。2年契約とかでは少なくともなかった。

ビルのグレードがアレだったので「6:土日&24時間使用可能」ももちろんOK。マンションタイプだと騒音の関係で制約あったりも。

練馬駅に行ったことある人はわかると思いますが、ガチャガチャしてる街なんですよ。駅周辺は小さな繁華街な感じ。千川通り沿いはそこそこ往来もあり、ちょうど良い喧噪といったとこでしょうか。「7:騒がしいエリア>サラリーマンエリア」もたぶんクリアかな。

ということでアンリさんのチェックポイント7つのうち6個はクリアしてたんじゃないかな。一方でそもそも練馬という場所はどうなんだ?という問題もあります。練馬の後も池袋(しかも北口)にオフィスを構えてたのですが、ベンチャーがほとんど生息していないエリア。


これについてざっくり考えてみたのですが、創業期は中心地じゃなくてもいいのかなって思いました。創業期はとにかくプロダクトを作ることがメイン。リリースしたあとに改善などをゴリゴリやっていて、外部との接触もほとんど必要としない。そう考えると創業期に練馬で良かったのかな?って。

切磋琢磨できるライバルの動向などを肌で感じることは難しいので、そこが唯一のデメリットかも。

ある程度の規模になってくると大きなキャパを要するオフィスビルが練馬とかには無くなってくるので渋谷、新宿、恵比寿などに移転せざるをえないんですよね。それまでの沿線から違う沿線に移転すると社員が引越ししなくちゃいけないケースも発生し、そこで不満が出てきたりもします。あとはランチ環境も言われたりしたなぁ。

オフィス移転は一つのイベントなので、広めのとこを借りて「○○年はここで大丈夫」とかではなく、すぐいっぱいになって移転しちゃう方がなんだかんだ言って盛り上がるし、テンション上がるので、身の丈にあったオフィスを都度借りていくってのが個人的にはおすすめ。


最後にもう一回アンリさんの記事を紹介。ぜひ。
起業家が初期オフィスを探すとき、確認しておきたいいくつかのポイント-The First Penguin