忍者ブログ

ロボット型検索エンジンG氏

ロボット型検索エンジンG氏を皆が使っているのは、G氏が「相対的に」良いサービスであるのと、代替サービスが無いからなのだと思うの。そしてG氏は非常に使うのが難しいサービスであるのもあまり知られていない。僕は比較的G氏を使うのが上手だと思ってるのだが、それでも「難しいな」って思う時はある。ディレクトリ型検索エンジンのディレクトリを切り出したようなサービスってのが流行ったりしているわけで。

さて、もう誰も知らないであろう「ディレクトリ型検索サービス」だが、なぜ「ディレクトリ型」が没落したのかは「産み出される情報量に対して、全く追いつけない」という後続的問題があったというのは誰もわかるところであるが、暇なのでその他の理由を少し考えてみた。100人に聞いたら1人とか2人くらいの回答のやつ。

ディレクトリ型検索サービスが没落した理由は、そこに掲載されるために費用が発生しだしたこともあるかなと思ったりしている。そのディレクトリ型検索サービスに登録するには有料で審査が発生しちゃう。サーファーの人はどこに行ったのか。サングラスマークが懐かしい。無限増殖するYomi的なディレクトリ型検索サービスもダメだけど、「厳選された(有料)」というのもなぁ。「地図に載せます(有料)」みたいなのは儲かりそうだけどな(しません)。

そういえば、ディレクトリの先が全てPPC広告という斬新なディレクトリ型検索(?)サイトもあったなぁと小一時間ばかりインターネットアーカイブを徘徊してみたけれども、結局見つからず。そのかわり、どうでもいい黒歴史的なもろもろをついでに見てしまい、残念な気持ちになった。wiki地獄ならぬインターネットアーカイブ地獄。

まぁそんなことはどうでもよくて、今も昔も情報に辿り着くのは難しく、検索というものも相変わらず難しい作業。そうなると「ハッシュタグだよ!」という人も出てきてイベントでしゃべったりしてめっちゃシェアされたりしてたけど、それもやっぱり違くて、一体どうしたらいいんだろう…と途方にくれるわけですが、気を取り直して2017年も頑張っていこうと思います。とりあえず「調べるおリンク集」みたいのは良いんじゃないかと思います!

長くなりましたが、あけましておめでとうございます!